スマホ3



わたくし、10年ほどネットショップを運営しておりますが、ここ数年でガラッと変わったことがあります。

タイトルにもトップの写真にもありますので何を言いたいのかは一目瞭然かと思いますが、そう、購入デバイスとしてスマホの比率がグンと上がってきているのです。

各ショップの扱う商品によって移行率も異なるのでしょうが、ウチの場合去年で完全にパソコンからの購入比率を上回りました。



今現在、当ショップではこんな感じです。

デバイス別売上比較



表の「モバイル」とは従来の携帯電話、いわゆるガラケーですね。
あぁ、風前の灯・・・。


この表は元々「パソコン」「モバイル」の2項目の売上比較表だったのですが、ここ3年ほど前から「スマートフォン」の項目が追加され、あれよあれよという間に売上比率ダントツトップに躍り出ました。


ネットショップ開設当時はこの「モバイル」はあくまでオマケみたいなものでして、実際購入率も全然低かったですし、商品ページを作成するにしても、そもそも掲載出来る情報が微々たるものでしたらからあまり力も入れてませんでしたね。

「いや、そもそも携帯電話で買い物する人なんているの?」

こんな調子でしたし。



スマホ2



ですが、その傾向もスマホの普及により一変しました。


スマホなら携帯電話より、多くの商品写真や情報が記載出来ます。

画面の大きさの違いもさることながら、ポイントとなるのが画面スクロール。

言うまでもなくスマホなら指先を滑らせスーっとスクロールさせれば、より多くの情報が手軽に閲覧出来ます。

対する携帯電話は、下方向へのボタンをポチポチ押す必要がありますし、何より選択項目でカーソルがいちいち止まるのが地味にストレス。

実は画面の大きさよりも、このスクロールの簡易性がスマホに於けるネットショッピングの抵抗の少なさに一因していると思います。



あとみなさんも覚えがありませんか?

良さげな商品を見つけたはいいものの、クリックするとその商品の説明があまりにも細かすぎて、商品カートになかなか辿り着けないとか。

食品なら生産地に始まり、生産者のこだわり、アレンジレシピにユーザーレビュー等延々と表示される苦痛(笑)

しかも夜中の通販番組よろしく、同じことを念を押すように繰り返し表示される始末・・・。洗脳ですかいな。




スマホ5



でもスマホページならそんなにしつこくは表示されません。

データ量が多すぎて表示に時間が掛かることを嫌がられて、途中で切断されたら本末転倒ですものね。

それにスマホも今ではデータ量1ヶ月5Gとか制限がありますので、いかにウェブページのデータ量が少ないとはいえ、Wi-Fi環境下でなければ心理的に余計なデータは落としたくないもの。

また、今注目を集めている「MVNO(格安データ通信)」の場合、時間帯や場所によっては表示が遅くなりますので、前述の通り途中で切断される可能性もあります。


ですので、スマホ用の商品ページの場合は、「これだけは言わせて!」といった厳選された商品説明やアピールがなされています。

言い換えれば、本来それで十分な内容なんですよね。

だから、ある意味パソコンから買い物するよりも要点が分かりやすいので、他の商品との比較も容易ときたもんです。



スマホ



まあ、それより何より、スマホ自体が多くの方の生活に密着しているのが大きいでしょうけど。


自分も仕事とブログ以外でパソコンの電源を入れる回数は少なくなりました。



でもネットショップ運営側としてちょっと困ることも・・・。

スマホの場合、登録メールアドレスを従来からある携帯電話のいわゆるキャリアメール(@docomo等)を使われる方が多いのですが、迷惑メール対策として受信制限されている場合が多々あります。

そういう場合でご本人が気が付いてない場合、「ショップからの連絡がない!」というトラブルになりがちなんですよねぇ・・・。



スマホ4





高知県 ブログランキングへ
↑ ご支援のワンクリック
∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク